1. TOP
  2. 各科紹介
  3. 観光プロデュース学科

観光プロデュース学科

ふくしまの魅力を現地で感じ、「おもてなしの心+ICT」で発信。そしてスペシャリストに!

 観光業・サービス業に求められる知識と実践技術を様々な面から学び、地域の観光産業を総合的にプロデュースできる人材、様々なサービス業に対応できる人材を育成します。
 卒業後は、旅行・宿泊・交通などの観光業界をはじめ、観光関連の各種団体や官公庁など、サービス産業に関わる幅広いフィールドでの就職を目指します。

学科の特色

プロデュース

新たな地域の魅力を生み出す

 多様なフィールドワークにより地域資源や文化を学ぶとともに、経営・会計等のビジネススキルを習得します。
 また、関係団体等と連携して、学生によるツアー・イベント等の企画やPR動画・WEBページ作成等ICT機器を活用した実践的なプロデュース技術を身に付けます。

コミュニケーション

世代や国境を超えたあらゆる人に対応できる

 外国人旅行客に対応できる会話力を身に付けるため、英語(ダブルティーチング形式)、韓国語、中国語の3 つの言語をネイティブの先生から実践的に学びます。
 また、海外研修では現地旅行会社を訪問して、学生自身が考えた福島の旅行プランを提案します。

ホスピタリティ

人の心を動かす「おもてなし」を身に付ける

 サービスの現場では、お客様のニーズを正しく理解して臨機応変に対応する「おもてなしの心=ホスピタリティ」が重要です。その基礎となるビジネスマナーはもちろん、日本文化に根付いた作法(茶道等)やレストランサービス等の実践技術を習得し、幅広い対応力を身に付けます。

 
実習風景 ◆
 
情報処理実習
情報処理実習
会津若松フィールドワーク
会津若松フィールドワーク
ホスピタリティ実習(和式礼法)
ホスピタリティ実習(和式礼法)
地域とのつながり、校外実習(フィ-ルドワーク)の充実  

 多様化する観光の魅力を理解するために、まずは身近な地域の学習からはじまり、 観光イベントへの企画参加、企業での実習(インターンシップ)、巨大市場であるアジア方面での海外研修など、 2年間で数十回におよぶ校外での実習(フィールドワーク)を通じて、現場に即した実践技術と幅広い視野を身につけられます。
(図「フィールドワークの考え方」をご参照ください。) 

主な教科

1年次2年次
学科実習学科実習
キャリア形成論Ⅰ、地域経済論、英語コミュニケーション
体育Ⅰ、旅行業概論、観光事業論、経営学概論
ホスピタリティ論、表現学、販売管理論、簿記・会計学
ICT・IoT理論、観光関連法規、サービス実務論、旅行実務論、観光概論、地域学
情報処理実習、ホスピタリティ実習
安全クレンリネス実習Ⅰ、地域観光実習
旅行業務実習Ⅰ、料飲業務実習、韓国語会話、企業実習
キャリア形成論Ⅱ、体育Ⅱ、環境健康論、労働安全論
宿泊マネジメント論、観光創造論、観光まちづくり論、地域活性化特論
フードデザイン、マーケティング、営業企画論、食文化論、観光施設管理論、インバウンド概論
WEBデザイン実習、安全クレンリネス実習Ⅱ、旅行業務実習Ⅱ
観光プロデュース実習、デジタルプロモーション実習
フードコーディネート、観光英会話、中国語会話、インバウンド実習、卒業研究

※各教科の詳細は、令和3年度シラバス(PDF形式)をご覧ください。

取得可能な資格

  • 国内旅行業務取扱管理者
  • サービス接遇検定2級
  • パソコン検定(P検)3級
  • 日商簿記検定3級

実習紹介

こちらをクリック!

在校生の声

卒業生の声/就職実績

こちらをクリック!

スタッフ紹介

こちらをクリック!

最新情報