1. TOP
  2. 企業・求職者向け情報
  3. 離職者等再就職訓練

離職者等再就職訓練

 早期再就職を希望される方や、離職者等を対象とした“職業訓練”です。民間教育訓練機関に委託して実施しており、パソコン、簿記、介護、建設機械等様々なスキルを身に付けるほか、ビジネスマナーや就職相談等の就職支援を行うことで自分の希望に合った企業等に就職できます。 

  • <おすすめポイント>
  • ① 受講料無料 
  • ② 資格取得で早期再就職 
  • ③ 自分に合った職場を発見 
  • ④ 雇用保険の給付制限解除 
介護職員実践科

最新情報

現在、新着情報はございません。

離職者等再就職訓練 

 離職された方、求職されている方等を対象とした訓練です。早期再就職を目標に、事務職や介護・建設業等訓練コースによって、就職に必要なスキル(資格、知識・技能)を身に付けます。 

① 知識等取得コース[座学3か月] 

パソコン基礎科 

 初級者向け。パソコンの操作からWord・Excel等の資格取得。(3級相当) 

パソコン実務科 

 経験者向け。実践的なパソコンスキルを習得、Word・Excel・PowerPoint・HP作成等の資格取得。(3級相当) 

簿記パソコン科 

 事務職希望者向け。日商簿記3級を取得するとともに、実務に必要なパソコンスキルも併せて取得。 

② 日本版デュアルシステムコース[座学2か月・実習1か月] 

介護職員実践科 

 介護職希望者向け。介護職員初任研修を修了します。 

③ 建設人材育成コース[座学・実習あわせて3か月] 

パソコンCAD建機運転科

 建設業就職希望者向け。CAD及びパソコン操作、大型特殊自動車運転免許、車両系建設機械等の資格を取得します。

パソコンCAD建機運転科

④ 長期高度人材育成コース[座学・実習あわせて2年] 

准看護師養成科 

 福島復興に係る人材育成の一環として、准看護師を取得し医療及び介護現場で活躍できる人材を育成します。 

 ※通常、資格取得は自己負担ですが、介護職員初任者研修、大型特殊自動車運転免許および車両系建設機械のみ資格取得費無料となります。

障がい者委託訓練 

 社会的自立のために就職を希望する障がいのある方を対象とした就業訓練です。仕事をするうえで役に立つ技能や知識を短期間で身に付けることを目標にしています。 

① 実践能力習得訓練コース(企業現場を活用したOJT訓練) 

 本人の特性や状況を考慮し、希望される業種と職種のマッチングができるよう調整したうえ、訓練の同意をいただいた企業でOJT訓練を実施します。 詳しくは、ご案内チラシ(県産業人材育成課作成)をご覧ください。

令和2年度実績 

・組立製造補助科   ・荷扱い補助科 

・販売補助科     ・環境整備補助科 

② 知識・技能習得訓練コース(パソコンスキル等を身に付けるための集合訓練) 

 離職者等再就職訓練事業のパソコン基礎科、パソコン実務科または簿記パソコン科との混合訓練として実施し、パソコンのスキルアップや資格取得を目指します。 

③ eラーニングコース( 在宅型職業訓練) 

 インターネットからの遠隔操作を活用して、在宅受講を可能にしたコースです。 

訓練修了生の声

求人票を見ると「Word・Excelの基本的な操作ができる方」の条件をよく目にしますが、“基本的”ってどのレベルなのか不安でした。今回の訓練は「パソコン基礎科」と分かりやすい名前だったので受講しました。資格も取れて、就職支援もあって大満足です。
[ パソコン基礎科 修了生]
 

はじめは緊張しましたが、授業で一つひとつ覚えていくことの楽しさを感じるようになりました。資格も取れ、自分のスキルを向上させていきたいという思いが芽生え、短期間でしたが有意義な毎日でした。
[集合訓練パソコン基礎科 修了生]

受講について 

受講対象者 

求職者の方で、就職するために必要な技術・技能を身に付けたい方。 
公共職業安定所に求職登録をし、公共職業安定所長の「受講あっせん」を受けられる方。 

受講料・テキスト代等 

受講料は全て「無料」です。 
使用するテキスト代、資格取得費用などは自己負担となります。

お申し込み先 

お住まいを管轄するハローワークの職業訓練窓口にご相談の上、お申し込みください。 

令和3年度 実施計画 

 令和3年度の実施に関する詳細については、下記リンク先をご覧ください。 

離職者等再就職訓練事業 

障がい者委託訓練事業 

 県産業人材育成課ホームページをご覧ください。 


※県内の公共職業訓練については、福島労働局「ハロートレーニング」のページにも詳しい情報が掲載されていますので、参考にしてください。